サプリと生活習慣で健康づくり!ヘルスマニアの日常

ヘルシーな人生に目がない主婦が気になることを綴ります。

ムダ毛処理の方法と肌トラブル

ムダ毛処理

ムダ毛の処理の方法には、脱毛、除毛、剃毛があります。

脱毛は、毛を根元から引き抜く方法です。粘着力のある脱毛テープやワックスシートを脱毛したいところに貼り、それを勢いよく剥がすことで、一部分の毛を一気に引き抜いたり、家庭用脱毛器やピンセットを用いて、少しずつ毛を引き抜いたりします。

除毛は、表面に伸びている毛を溶かす方法です。ムダ毛処理をしたいところに除毛クリームを塗って、しばらく置いたのちに洗い流します。すると、毛がなくなっています。

剃毛は、表面に伸びている毛を剃る方法です。ムダ毛処理をしたいところにシェービングクリームを塗ってから、カミソリや電気シェーバーで剃ります。

それぞれの方法にメリットやデメリットがあり、どの方法を選ぶかによって、ムダ毛処理を行う頻度やかかる費用などに影響します。

まず、ムダ毛処理の頻度が少なくて済むのは、毛を根元から引き抜く脱毛です。毛の伸びるスピードは人それぞれですが、多くの場合、処理間隔を10日ほど空けることができるようです。

反対に、表面に伸びている毛を処理する除毛や剃毛では、頻繁にムダ毛処理を行わなくてはなりません。特に剃毛では、毎日行っているという人が少なくありません。

費用については、最もかからないのは剃毛です。費用がかかるのは、使用する商品にもよりますが除毛でしょう。

■肌トラブルを避けるためには

どのムダ毛処理の方法を選ぶかは、肌トラブルにも影響します。

脱毛は、毛を根元から引きちぎる方法になるので、毛穴トラブルがつきものです。脱毛後に肌が赤くぶつぶつになってしまったという経験を持つ人は、きっと少なくないでしょう。

こうした毛穴トラブルを避けるには、脱毛前に肌を温め、脱毛後には肌を冷やすことが重要になります。

除毛は、アルカリ性がタンパク質を溶かす性質を利用した方法です。そのため、毛と同様にタンパク質でできている肌に、どうしても負担をかけてしまいます。

具体的には、肌が荒れたり、かぶれたりすることがあります。比較的刺激の少ない商品を見つけることが大切になります。

剃毛では、毛を剃るときに刃が肌にも当たってしまうので、カミソリ負けや肌荒れを引き起こしやすいです。

なるべくシェービングクリームを塗ってから剃るようにしたり、肌に刃が当たらないよう設計された電気シェーバーがあるので、それを用いるようにしたりすると、カミソリ負けや肌荒れを避けることができます。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>